高齢期

ここでは、高齢期の女性の尿漏れについて、その症状や注意点などを説明しています。

さまざまな原因がからみあって…

高齢期の尿漏れ高齢期に入ると、尿漏れの原因もいくつもの要素が重なってきます。もちろん、加齢による筋力の衰えはより強くなりますし、膀胱など臓器自体の機能がさがってきます。

早くテキパキ動くのも徐々に大変になるなど、どうしても運動機能も低下してきます。トイレに行こうと思っても、時間がかかることもありますね。

持病があって薬の服用をしている方も、年代的に多くなりますが、薬が要因となる尿漏れという可能性もでてきます。

このように原因がさまざまであるということは、改善策もそれを踏まえて考える必要があるということです。効果的と思えても、トレーニングなどは難しい場合もありますし、よく見極めることが大切になってきます。

危険をさけることが重要

骨盤底トレーニングのように、自分で毎日つづけるような運動はなかなか難しい人も出てくる年代。とは言え、尿漏れのせいで日々の生活のクオリティが下がってしまうことは避けたいところです。

尿漏れが気になるからと、外出をさけたり、人と会うのを避けるという方も実際には多いのではないでしょうか?

その状況を改善するには、やはり薬による治療などが現実的になってきます。いずれにしても、普段服用している薬との関係もあるので、かかりつけの医師などに相談しながら健康状態をしっかり理解して、症状の改善を目指すというのが一番です。