更年期

ここでは更年期の女性の尿漏れの症状について説明しています。

女性ホルモンと尿漏れには関係がある

40代になると尿漏れを経験した人の数はぐんと増えます。そして更年期となるとかなりの人が尿漏れを経験します。骨盤底がゆるむことで膀胱などをきちんと支えられなくなることが大きな要因ですが、加齢とともによりその傾向が強くなってしまいます。

更年期の尿漏れ年を重ねると筋力が衰えるのは実感するところだとは思いますが、実は骨盤底がゆるんでくることには、女性ホルモンも深く関わっています

更年期の女性は、多くの方がからだの大きな変化を感じることになりますが、その要因は女性ホルモンであるエストロゲンの減少にあります。エストロゲンが減ることで膣や尿道の状態が変化し、新陳代謝も落ちていきます。

そのせいで、閉経後の女性はそれまでは分泌物によって感染症になることを防いでいたのに、分泌物がへって膣や尿道などが雑菌に感染しやすくなります。尿道に炎症がおこれば、頻尿などの尿トラブルになってしまいます。

骨盤底を作る組織にはコラーゲンなども必要ですが、それも減少してしまいますからいよいよ弱くなってしまうのです。

更年期はホルモンバランスの変化で精神状態も不安定になりがち。尿トラブルは精神的な影響もうけやすいですが、やはり不安感が症状を悪くすることもあると思われます。

生活習慣を見直して予防を

からだが変化していくのは仕方のないことですが、日頃からできる限りの予防をすることはできます。骨盤底がゆるまないようにトレーニングをするのも一つの予防策です。

尿漏れがないという方でも骨盤底トレーニングはしておいて損のない運動ですから、早くから習慣にすると良いと思います。