妊娠中・出産後

ここでは、妊娠中や出産後の女性に起こってくる尿漏れの症状について説明しています。

妊娠中でも時期によって症状が変わる

妊娠中はからだの変化も激しいですが、尿トラブルの状態も変化します。

妊娠初期には黄体ホルモンの影響から膀胱の筋肉がゆるんでくるため、収縮が起こりにくくなります。その為普段よりも尿意を感じなくなり、実際に容量も多くなっているので回数は少なくなるけれど、一回の量が多い状態になります。

しかし、その後は、お腹が大きくなり、膀胱を圧迫する力がどんどん大きくなるのでトイレが近くなるし、我慢ができなくて尿漏れが起こりやすくなります。

出産間近になると、子宮はすでに5キロくらいの重みをもっているので、圧迫も強く、骨盤底への負荷がとても大きくなります。からだも出産の準備で骨盤底もやわらかくなってくるので、尿トラブルはいよいよひどくなります。 

妊娠中に気をつけたい事

妊娠中にはトイレに行ってもおしっこの仕方に注意する必要があります。

普通の状態でおしっこをする時はお腹に力を入れるのではなく、骨盤底をゆるめることを自然にやっているのですが、妊娠中は、無意識のうちにお腹に力を入れてしまう傾向があるのです。膀胱の収縮力が落ちているせいもあるのですが、これがクセになると尿漏れになりやすいからだになってしまいます。できるだけ、力を入れないようにすると良いですね。

出産後、普通は元に戻る

出産後数ヶ月で膀胱の位置などは元に戻り、尿漏れの症状などはおさまってくるのが普通です。

ただ、出産時の骨盤底へのダメージの大きさによって、状況は変わってきます。難産で時間がかかったり、無理に力がかかったりすると、骨盤底の組織が伸びて元に戻らなくなったりすることもあるのです。

出産時に医師などの指示によくしたがって、変なタイミングでいきんだりしないことも大切なようです。