腹圧性(せき・くしゃみのときに…)

ここではちょっとした時に尿漏れを起こしてしまう「腹圧性尿失禁」について説明しています。

尿意はないのに…

女性ならではの尿漏れは出産が起因くしゃみをしたとたん、「あっ…」

尿意があった訳ではないのに、せきやくしゃみをしたタイミングでちょっと尿が漏れてしまう。そんな症状の尿漏れが「腹圧性尿失禁」です。

その他、急に走ったり、階段を駆け下りたりなど、体を動かした際にも尿漏れが起こってしまうこともあります。

女性の尿失禁はこのタイプが大変多いんですね。というのも、このタイプの尿漏れの原因となっているのが、妊娠などで骨盤底といわれる部分がゆるんでしまうことなのです。

女性ならではの原因が…

骨盤底は、筋肉や線維組織でできているもので、骨盤内部の膀胱や尿道、子宮などを下からしっかりと支える役目を持っています。

ここがしっかりしていると、膀胱も尿道も骨盤底に固定された状態なので、くしゃみやせき程度の腹圧がかかったとしても、内臓が下がらないように反射的に骨盤底の筋肉(骨盤隔膜)が締まり尿漏れは起こりません。尿道の括約筋もそんな時には反射的に締まるのでダブルでくいとめるのです。

その骨盤底がゆるんでくると、膀胱などを支えきれなくなり、下に下がって尿道の位置も変形します。そうなると腹圧がかかった時にすこしずつ尿がもれてしまうのです。他の動物なら骨盤底の筋肉はあまり使わないものなのですが、人は二本足で立っているために、内臓みんなを骨盤底が支えることになってしまいました。

加えて女性は妊娠すると大きくなった子宮がもろに骨盤底に重さと圧迫を与えてしまいます。分娩の時には、さらに負担が大きく、骨盤底の筋肉も線維組織も損傷をうけてしまいます。

出産後には元に戻っていくのですが、加齢とともに衰えてきます。出産回数の多い方のほうが尿漏れを訴える方が多いことを考えても、出産との関連は深いと考えてよいでしょう。

この他、肥満なども骨盤底が緩む原因の1つです。

女性の尿漏れの予防と対策に!手軽に摂れるサプリメントを紹介しています