溢流性など、そのほかのタイプ

ここでは溢流性尿失禁などについて説明しています。

溢流性尿失禁

女性の尿漏れの多くは腹圧性尿失禁や切迫性尿失禁、またはその複合タイプなのですが、排尿すること自体に障害があるせいで、尿漏れが起こるものがあります。

尿意がはっきりしない少しずつしか尿がでない腹圧をかけない尿が出ないいつも残尿感がある。尿漏れと同時にこういった症状がみられます。

つまり、膀胱の中にたまった尿がちゃんと排出されないので、膀胱が満杯になってしまって溢れるように漏れ出てしまうということなのです。

 そもそも排出がうまくいかない所が問題な訳ですが、その原因としては、次のようなものが考えられます。

  • 膀胱の収縮障害…膀胱が伸びてしまっていてうまく収縮しない、子宮がんなどで手術をしたことや糖尿病の影響が原因
  • 膀胱の出口の閉塞…男性、特に高齢になり前立腺肥大になったことなどが原因

排出に問題があるのは、実は尿が漏れること以上に深刻なことです。うまく排出できないせいで腎機能に問題が起こったり、尿路感染症をひきおこす心配もあるからです。尿がたまっている感じはあるのに少しずつしか出ない場合は、自己診断せずに専門医を受診するようにしましょう。

その他の尿漏れのタイプ

その他には、以下のものがあります。

  • 脊髄や脳の障害で、尿がたまってくると反射的に膀胱が収縮して尿がもれてしまう反射性尿失禁
  • 運動機能の障害や認知症などで判断力に問題がでてきた場合など、膀胱は正常でありながらも、排泄自体がきちんとできないという、機能性尿失禁
  • 薬の服用で排尿に問題がおこる、薬の副作用による尿漏れ
  • 子宮などが下がってきて膀胱や尿道に影響を与える性器脱などによる尿漏れ

ここにあげたものは、タイプによっては専門医による治療が必要ですし、放っておくと悪化していくものもあるので、一度は専門医の診断を受けるほうが安心ではないかと思います。

女性の尿漏れの予防と対策に!手軽に摂れるサプリメントを紹介しています