膀胱トレーニング

ここでは切迫性尿失禁に効果のある膀胱トレーニングについて説明しています。

我慢してみる!

切迫性尿失禁や頻尿といった症状は、尿意に襲われると我慢できないというもの。セルフケアの方法は、敏感に反応するところを我慢して、膀胱にある程度までおしっこをためていられるようにするものです。

切迫性の尿トラブルの場合、膀胱が勝手に反応してしまっている状態なので薬で少し緊張を弱めてあげるという治療がとられることが多いので、このトレーニングはそういった治療のサブ的なものです。

トレーニングの効果が表れてく薬をやめることが当面の目標です。

できるところからスタートして

トレーニングといってもいたってシンプル。

  • まず、尿意を感じたら、そこから5分、じっと我慢します。
  • 強い尿意があっても、慌てずに深呼吸をしたりして、尿意が去っていくのを待ちます。

尿意は波のように強く感じたり、スーッとひいていくのを感じたりするものです。無理することはないのですが、強く感じたところでグッと我慢をすると少し引いていくので、そこでしばらくは我慢するようにします。

切迫性尿失禁の場合は、精神的なものも強く関係

膀胱の構造から考えると、、かなり伸縮性の豊かな臓器なので、容量いっぱいまでは結構大きくなるのです。

実際に、最初に尿意を感じてから1時間程度は我慢ができると言われているので、不安にならずに頑張ってみると良いと思います。

慣れてくると、自信もついてきます。切迫性尿失禁の場合は、精神的なものも強く関係しているように思うので、「大丈夫」と自信をもつことは大切だと思います。

トレーニングと併用したい尿漏れ対策サプリを紹介しています